【初心者編】【すぐできる】ブログタイトルのつけ方を極める!

【初心者編】【すぐできる】ブログタイトルのつけ方を極める!

こんにちは。さきち(@aoopena)です。

今日も、あせらず・たゆまず・おこたらず。( 湯島天神のえんぴつより)

がんばっていきましょう。

タイトル、こだわってる?

みなさんはブログのタイトルに、こだわっておられますか?

あったりまえよ!という方は、読まなくて大丈夫かもしれません。

 

以前の私は全く言って良いほど、こだわってませんでした(-.-)

ブログのタイトルはその場でつけるのが当たり前。という感じです。

 

でも、自分もそうですが

ネット検索するときというのは「探したいこと」がだいたい決まっていて、

無意識にタイトルから「これが良さそう」という記事をを選んでますよね。

そう、読者はみんな選んでいるのです。

 

ということは、やはり「選ばれるタイトル」をつけねばなりません。

読者に選ばれないタイトル

参考

別ブログではありますが、以前の私のブログタイトルをご覧ください☟

「なにをしたというわけでもない1日」 (じゃあ書くな)

「病院行ってきた」(あっそ)

「便利なもの!」 (もー!何に?怒)

ガーン女性

ほら、まったく読みたくならないでしょう?笑。

もちろん、今はそんなつけ方はしていないのですが、タイトルの付け方を知らないとこうなってしまうはずです。

正直タイトルって、「毎回考えて付けるのめんどくさいな」って思っていたもので。

 

しかし、ブロガー足るもの。めんどくさいことをやるのも大事な仕事です。

読者に選ばれるタイトル

キーワード選定など、本当はしっかりやる必要はあるのですが、

ここでは、まず誰でも簡単に一歩だけ前に進むタイトルのつけ方について、書いてみたいと思います。

 

さきほどの、”ダメダメ”タイトルの中から、

病院行ってきた」

これをちょっと変えてみたいと思います。

具体的なやり方

『病院』というキーワードから、連想される言葉を考えてみます。

たとえば『病院』『待ち時間』『長い』とか。

『病院』『行きたくない』笑。とか

『病院』『選び方』とか・・・

探せば無限にあると思います。

この中から、自分の書きたいこととフィットしそうなものを選びます。

記事の内容が、待ち時間に1本ブログを書けた!ということだとします。

 

そしたら、選んだ「キーワード」と「内容」がコラボするように…よいしょ。

『病院の待ち時間に、ブログ何本書けるかやってみた』という(仮)タイトルをつけてみます。

 

どうでしょう。

「病院行ってきた」より、はるかに良いですよね。

 

さらに、ここに数字を入れてみます。

『病院の待ち時間が3時間あったから、ブログ何本書けるかやってみた』

3時間って待ち時間なげーな、とか結局何本書けたんだろ?とか食いつきポイントがいくつかできますよね。

 

こういう風に『やってみた』形式は意外と使えるのでやってみてください。(あ、ダジャレじゃないです)

さらに、待ち時間長かったけど、結果1本しか書けなかったよ!といういうオチもつけられます・・・(/ω\)

タイトルの付け方 まとめ

というわけで、

●タイトルは、少し工夫するだけで魅力的になる。

●「~してみた」形式を活用してみる。

まだまだ勉強したい方はこちらも

【即実践】読まれるブログの作り方!どんな工夫をすればいい?

【内容編】ブログの書き方に迷ったら。意識すべき3つのポイント!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また。

 

 

 

error: Content is protected !!