【女子校出身者が語る】女子校のメリット・デメリット。女子校出身者の特徴とは。

【女子校出身者が語る】女子校のメリット・デメリット。女子校出身者の特徴とは。

ちわ!!当ブログオーナーさきち(@aoopena)です。

 

今日は、さきちに多大なる影響を与えてくれた、

女子校生活のお話をしようと思います。

 

世間の人たちは、

女子校出身というと、どんなイメージを持つでしょうか?

 

プロフィールでも紹介しているとおり、

さきちは、中学高校一貫の女子校

6年間通っていました。

 

 

思春期のとても大切な時期を

女子ばかりで過ごしました。

 

そんな筆者が

(誰が得するのかわからない)

女子校で過ごすメリット・デメリット

をお伝えしようと思います。

 

●●●
ヨコワケ

誰得?

 

・女子校に行こうかな?と思っている女子のみなさん。

・娘を女子校に行かせようかな?と思っている親御さん。

・そして単純に女子校ライフに興味がある方

そんな方に読んでいただければと思います。

(たぶん2分で読めます)

 

ではスタート♡





女子校について考えた

女子校の特徴とは

女子校について、

考え始めた筆者ですが、

うん、女子校楽しかったなぁ~

うん、男子の先生って少なかったよなぁ~

うん、テスト期間って懐かしいよな~

と、女子校行ってなくても言える

ありきたりな感想しか出てきません。

そもそも筆者は、6年間水泳部で、

ほとんどの時間を部活に費やしていて

そのほかの思い出は遠いかなたでした。

 

「これじゃあいかん」

 

●●●
さきち

誰か的確な意見を述べてくれる人探さないと…

早速、女子校時代を共にした

親友Tさんに連絡をしてみます。

あいさつもいれずに
すぐに本題に入ります。

さきち「Tさんの考える女子校のメリットとはなんでしょうか」

親友T「えーあんまない。」

さきち「・・・」

親友T「女子校というか、通った高校Mだから良かったと思うかなー」

さきち「がびーん」

女子校としてのメリットは

あまり感じていないようです。

 

●●●
さきち

え、もう詰んだ?

しかし、ここではくじけません。

 

さきち「では、高校Mに通ってよかったポイントは、なんでしょう?」

親友T「親だったら、変な男が寄ってくる可能性が減るから安心、とか」

ほうほう!

そういうやつ、そういうやつ。

親友T「その子に、校風やお友達があってることが、一番大事なのではと思う」

めちゃいいこと言うじゃない!

そいでそいで?

親友T「私だったら、制服が可愛くてお友達や学校が派手、とかは合わないし」

軽く制服をディスりましたね。

親友T「修学旅行どこ行くかでもカラー出るじゃない?

うちは京都奈良だけど、海外や沖縄で遊ぶだけどかの高校もあるしさ」

ちゃんと具体例を述べる所が親友Tらしい。

 

というわけで、この感想を聞いただけで

もうほとんど結論はでたようなもんです。

 

親友Tよ、すばらしい意見をありがとう!

 

以上で終わり・・・

 

 

ません。

 

さきちなりにまとめますんで

もう少しお付き合いください。

女子校のメリット

筆者いちばんのポイントは、やはりこれでしょうか。

一生の友達ができる

どこの中学・高校に行っても友達はできますが、

女子校時代の友達は

ヤバイかもしれません(いい意味で)

当時の話をすると、

本当に・・・(やりたい放題でした)

 

とにかく

めちゃくちゃ仲のいい

友達や仲間ができます!!

本音で語り合える

友達ができると思います。

(もちろんケンカもするけど、すべてひっくるめてよし)

*30過ぎた今でも、ずーっと仲がいいです。

地方組が東京に戻ると、会合が開かれます。

こどももおとなもわちゃわちゃしています。

卒業してもそういう関係でいられるって良いですよね。

 

勉強に集中できる

男子がいないんで・・・

授業中に男子見てポッ♡みたいなのが

ありません。

 

やりたかったけどね!

 

(女子校の男性教師はやたらモテます。

来世で職業選ぶならコレですね)

恋愛でごちゃごちゃしない

これも男子いないメリットですね。

 

男子をめぐってうんぬん、

しないのでとってもいいです。

お友達関係良好であります。

デメリット

(女子校あるあるなのかもしれません)

恥じらいが欠ける

欠けると書きましたが、

そう、薄くなるというより

もはや欠落していたと思います!!

(個人差あります)

 

休み時間の教室で、

普通に着替えをしてたり・・・

平気でスカートをパタパタして涼んだり・・・

わたしの「おしとやか」かえせーー!

かえせじゃない)

 

女子だけで過ごしていると、

本当に恥じなくなります。

特に体育会系はね。

この点だけは気を付けましょう。

男性がちょっと恐怖

さきちも大学に入って、

しばらくはそんな感じでした・・・笑

近くに男子がいる!怖い。

しゃべれない!っていう状況になりました。

 

でもそのうち慣れます。大丈夫。

 

箱入り娘っぽくなる

大学入って気づいたんですけど

女子校の子って、

「世間知らず」になりがちかなと思います。

 

女子校内の友達同士で、すごく仲がいいから、

もしかするとそれ以外の人と

あまり関わってないからかもしれません。

と、あとから振り返ると思います。

 

筆者の評価

 

メリット・デメリットはありますが

総じて筆者は女子校をオススメします。

 

あの友達関係は、

本当に他では得難いものがあるからです。

 

中学・高校が一貫だった

というのも筆者的にはよかったです。

友達も先生も変わらず、

スムーズに中学生から高校生になれました。

どのように選ぶか

 

女子校はどういう風に選べばいいの?

 

女子校のみならず、首都圏なんかだと、

多くの学校の中から

「自分の行くところ」を選ばなければいけません。

(地方だと、もう決まっているところも多いかも)

 

本や、学校のHPなんかでも

【学校の様子】を紹介していると思いますが、

 

実際に学校説明会に行ってみると

制服だけじゃなく、

通ってる生徒の雰囲気や

学校の雰囲気もわかります。

 

学校説明会は、親御さんのためだけではありません。

通う本人が、

ぜひ行くべきだと思っています!

 

受験があるなら、モチベーションも上がりますしね。

 

親友Tも言っていましたが、

しっかりと学校ごとの個性を把握してから、

通うところを決めてみてくださいね。

 

ちなみに筆者の学校は、制服はとっても地味でした。

でもいい学校だったので

安易に制服では決めないでほしいです。

(一つの指標にするのは全然いいんですけどね)

まとめ

・女子校は楽しい!!!

でも恥じらいは忘れずに・・・。

・学校選びは、通う本人が実際に見て決めよう!

(制服等で安易に決めない)

その方が本人に後悔がないと思います

 

どうでしょう。

いろいろ述べてきましたが

本当に通う人が「その女子校に通いたいかどうか」

重要だと思います。

 

筆者自身は、別に志望校がありましたが

受験の壁に阻まれました(笑)

でも、結果オーライです。

 

かといって、通う高校で、

必ずしも

その子の人生が、決まってしまうわけではありません。

 

その学校でどう過ごすか

どんなことに興味をもって

何を突き詰めていくのか、

そういう【目標】を固めて行動していけたら

それが一番かな、と思います。

 

●●●
さきち

最後に熱くなりました。

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!!!

 

ではまたね。