島根の名産「しじみ」で、簡単で美味しい!しじみ汁を作ったよ。

島根の名産「しじみ」で、簡単で美味しい!しじみ汁を作ったよ。

こんにちは。この界隈では、貝好きで有名なさきちです。(知らんがな)

みなさんは「貝」好きですか?

貝って食感や味に癖があるので、好みがわかれるところかもしれませんね~。

 

夫はあまり貝を好みませんが、私は大好きです。

 

島根県と鳥取県の間にある汽水域の中海(なかうみ)では

「赤貝」という貝が取れるのですが、それもまた美味しいんですよーー!

機会があったらぜひ食べてみてください♥

おっと脱線。

 

今回は、しじみの漁獲量において

常に1位、2位を争っている島根県宍道湖のしじみを使って「しじみ汁」を作ってみたよという記事です。

もしかしたら、レシピの記事は初めてかもしれません!!!!!

シジミ汁

記念すべき1回目がしじみ汁でうれしい…(笑)

 

美味しいしじみ汁を作りたい方は、ぜひ読んでみてください。

 




しじみの栄養

作り方に行く前に、せっかくなのでしじみの栄養について勉強してみます。

しじみは、たんぱく質(アミノ酸)・ビタミンB12が豊富で、 人が生きていくために必要な栄養がたくさん含まれています

しじみ図書館

他の貝と比べても、しじみにはとてもたくさんの栄養を小さな体に蓄えています。

特に、カルシウム・鉄・ビタミンB1・ビタミンB12が豊富で貧血予防や、皮膚の健康を保つことなどに効果的です。

 

しじみが「二日酔い」に効くとされるのは、ビタミン12が肝臓の働きを助けるからだといいます。

 

●●●
さきち

しじみのパワーはすごいね!

 

さて、では作り方にいきましょう。

しじみ汁の作り方

前日編

「砂抜きをしてあるよ」というシジミでも、調理の前にもう一度砂抜きをしてください。

砂抜き方法

砂抜き方法は簡単です。

お鍋に水を張って、その中にシジミを入れるだけです。

しじみ汁の作り方

お塩を入れる人もいるかと思いますが、私は入れません。

水に浸けるときにざるを使う人もいますが、私は使いません。

お鍋にそのまましじみたちを入れておきます。

 

2~3時間浸ければ十分らしいのですが、

一晩おけば完璧です。

当日編

さて、しじみたちの砂抜きが終わりました。

翌朝お鍋の中を覗いてみると、しじみの貝と貝の間から身が出ていたりします。

そう、貝は生きている!!!!!

貝の命を頂くことに感謝をしながら、粛々と調理を始めます。

しじみを煮る

砂抜きが終わったしじみを水から煮ます。

しじみ汁の作り方

沸騰してきたら火を弱めて、しばらく待ちます。

すると…

あくをとる

しじみ汁の作り方

しばらくすると、しじみからあくが出てくるので、これをすくい取ります。

最初はこんなもんですが、あとから結構な勢いで出てきます。

 

\ 取りました /

しじみ汁の作り方

だしを入れる

おすましにするなら入れなくてもいいかもしれませんが、私は味噌も入れるので

ちょっと顆粒だしを入れさせていただきます。

味をみながら、お好みでどうぞ。

しじみ汁の作り方

個人的にはだし必須。だしの素5g入れました。

 

味噌を入れる

さあ、もうレシピも後半戦。

味噌を入れます。

入れる味噌はコチラ↓

しじみ汁の作り方

とっても美味しいのでおすすめ。

しじみに塩気があるので、塩加減をみながら入れてくださいね。

しじみ汁の作り方

 

\ はい、入れました /

しじみ汁の作り方

 

味噌を入れたら、煮立たせないようにしてくださいね。

せっかくの風味が飛んじゃいます。

 

薬味をお好みで

「出雲のだんだん青ネギ」をたっぷり載せました。

島根のしじみと島根の青ネギで…島根づくしの1杯です。

シジミ汁

完成

というわけで、完成しました!!!!!

しじみ汁の作り方

 

しじみ汁の作り方 まとめ

しじみのいいお味と、ねぎの風味がアクセントになってとっても美味しい1杯でした。

 

しじみは、体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

あらゆる臓器に必要な「タンパク質」をしっかり取るためにも、しじみ汁は効果的!

 

しじみを水に浸ける時間を覗けば、簡単にできるので

「ちょっと最近お疲れ」の方はぜひ作って栄養を取ってみてください。

 

▼宍道湖のしじみ

 

では、また。