【体験レポ】里帰りしない!鳥取で初めての出産・育児を乗りきった話

【体験レポ】里帰りしない!鳥取で初めての出産・育児を乗りきった話

こんにちは!さきちです。

 

●●●
さきち

今回は、わたしの妊娠・出産のお話です。

 

初めての妊娠で、赤ちゃんに会うのを楽しみにしていた2017年の春。

 

ウキウキばかりはしていられなかった。

わたしは【1つの決断】を迫られていたのだ・・・

 

そう、『里帰りするかしないか』である。

 

<この記事は、里帰りするかどうか悩んでいる妊婦さんや、そんな奥さまをもつ旦那さんたちに向けて書いてみます>

あわせてよみたい▶【里帰りしない・できない出産】産後の不安を解消するブログ。無理はしちゃだめ、絶対。

 

プロローグ

わたしの実家は、東京(鳥取から飛行機で2時間)にあります。

初めての出産は何かと不安だし・・・。

 

その頃、読んでいた雑誌の体験談の多くは、里帰り出産でした。

 

(実家の)母のサポートを受けたいので、やはり里帰りしよう!と思っていました。最初は・・・。

 

しかし、実家は狭いし、母はまだ現役で働くキャリアウーマン。

 

果たして、そんなにサポートが受けられるのかしら?

狭い実家で、赤ちゃんと過ごすスペースは、きちんと確保できるかしら?

ヨメちゃんはそのあたりがすこし不安でした。

 

実家には、兄も一緒に住んでいて、赤ちゃんが生まれたら、いろいろ迷惑もかけるだろうし。。。

 

そして、実際に出産する産院のことを考えたとき!!

東京は、病院の選択肢は多いけど、病院ごとに環境や費用が違いすぎる!

 

●●●
さきち

選ぶの大変かも・・・

 

 

その点、鳥取で産めば、病院も今と変わらなくていいし、

 

何よりも!

わたしが選んだ病院では、ほぼ全員が個室で費用も安い。

*わたし的に、入院中に個室で過ごせるのは、とても大きなポイントでした!

(そして実際も、それがとても良かったです!)

 

退院後に過ごすおうち(自宅)も使い勝手が分かってるし、遠慮もいらない。

 

 

・・・

よし、鳥取で産もう!!

 

わたしは里帰りしなことを決意しました。

決めてからすぐに、『里帰りはしないことにしたよ』と母に伝えました。

すると母は、『それならお母さんは休みを取って、鳥取に行ってあげるよ』と言ってくれました。

なんと!それはありがたい!!

 

ということで、

ヨメちゃんは、鳥取で、出産の日を迎えました。

 

出産

予定日を過ぎて4日目の夜のことです・・・

ついに、陣痛が始まりました。

 

ヨメちゃんは落ち着いて、陣痛の間隔をはかり、5分~10分間隔になったところで

『今から病院へ行く!』とだんなさんに宣言しました。(だんなさんは家にいました)

 

のちに旦那さんは

 

●●●
だんなさん

さきちの判断が的確でびっくりした!

と言っていました。

 

そう、わたしはこのあと病院に着いて、3時間半のスピード安産で出産をしたのです。

 

 

●●●
さきち

ナイスタイミング!でもやっぱりとても痛かったよ。

 

 

●●●
むすめ

わたしもがんばったよ!

 

そして、5日間の入院を経て、娘と一緒に退院することができました。

(実は、入院中に娘に病気が見つかって、内心とても不安だったのですが、

今のところ重症ではないとのことで、一緒に退院できたのでした。その後も経過は良好です。)

 

いよいよ育児が始まった

うちへ戻り、いよいよ初めての育児が始まりました!

 

妊娠中に、いろいろ情報を入手していたものの、そういった情報とは一味も二味もちがう・・・

想像以上に大変な毎日でした。

 

・授乳はうまくできない

・泣いてるけど、どうすればいいの?

・昼も夜も、ほぼ2時間おきに起きる赤ちゃん (30分のときもある) 

→なので全然寝られない!

・自分のことは、なにもできない (顔すら洗えないことも)

これだけは、本当にやってみないとわからない!

それが育児なんだと痛感しました。

 

母のおかげで・・・

それでも・・・母のサポートを受けながら、必死に小さな命を守る日々でした。

母は、夜もわたしと一緒に起きて、側でずっと見守ってくれました。

 

料理や掃除、洗濯、哺乳瓶の消毒など、勝手がわからないわたしの家で、何から何までやってくれました。

 

おそらく母が居なければ、

わたしは精神的に参っていたと思います・・・

 

産後はホルモンバランスが崩れて、情緒も不安定になりがちです。

少しのことで傷ついたり、神経質になったりするかもしれません。

 

ヨメちゃんも、母に『早く』と言われるのがイヤで、泣いちゃいました(笑)

 

 

でも、母は看護師の資格があるので、

娘の病気のことも折に触れて『大丈夫だから』と常に励ましてくれました。

とても心強かったです。

 

わたしは、里帰りはしなかったけれど

母のサポートでなんとか乗りきることができました!

 

その頃だんなさんは・・・

*ちなみにだんなさんは、母がいる間、実家に帰ってました(笑)⇦自宅も狭かったので寝る所がなかった。

あ、でも毎日顔を見に来てくれてましたよ!

 

まとめ

出産は、はじまり

出産が終わっても、そこからはノンストップで育児がスタートします。

出産はゴールじゃなくて、スタート!!!

 

しかし、出産でのダメージは想像以上ですので、

休めるところはきちんと休む。

赤ちゃんが寝たらママも寝る!

 

一人で育児をするとなると、とても孤独になることがあります。

 

だから、全力で周りに頼りながら、

産後を乗りきることをおすすめしたいです!

 

 

自分が母になり、【母】という存在について考えることが増えました。

 

世の中のお母さんたちは、

24時間365日、本当に本当に、がんばっていると思います。

 

心からエールを送ります!!!

 

●●●
さきち

お母さんたち、一緒にがんばりましょうね!!!

 

いつかきっと、すべて笑えると信じて。

 

 

以上、

わたしの初めての妊娠・出産だったけど、里帰りしなかった体験レポートでした!!!

 

 

参考になったらうれしいです。

では。