【妊娠初期】週数より小さいけど大丈夫?心配だけど、できることは待つだけ。

【妊娠初期】週数より小さいけど大丈夫?心配だけど、できることは待つだけ。

こんにちは。さきちです。

今回は、妊娠初期に私が実際に体験した出来事です。

 

2回目の妊娠に気づき、喜んだのも束の間…産院を受診すると新たな心配が生じました。

その時のお話です。




 週数より小さい

2回目の妊娠。

初めて産院を受診した6週頃。

6週といえば、中には「赤ちゃんの心拍」を確認できる妊婦さんも見られる頃です。

 

私も「6週だし、赤ちゃんの心拍を確認できたらうれしいなぁ~!」なんて

のほほんと病院に向かいました。

久しぶりの経膣エコー

問診票を書き、ほどなく診察室に呼ばれました。

久しぶりの経膣エコーに、懐かしさと緊張を覚えながら台にあがります。

 

こちらからも見えるモニターを見ていると…

子宮の中に”赤ちゃんのおうち”である「胎嚢」が確認できました。

 

あぁ、よかったぁ・・・(ちゃんと子宮内にあった)

 

先生も「しっかりしていて良いですね」と言葉をかけてくださいました。

 

でも…胎嚢の他は…

心拍どころか、赤ちゃんの姿は見えませんでした。

卵黄嚢と呼ばれる「赤ちゃんの養分」だけが、うっすらと確認できました。

 

 

エコー後に先生の診察(お話)がありました。

写真を見せてもらうと、

胎嚢の大きさからすると「4週4日」相当との記載がありました。

私は、排卵日がズレているとは思えなかったので、受診した日が6週0日であることに自信がありました。

なので、「かなり小さいな」という印象を受けました。

 

私の反応を見てか、先生は

「この時期は、2週間くらいのズレはよくあることだからね。心配しなくていいですよ。

10週くらいまでは、お母さんにできることというのはないから、普段通りに生活してね」

と言われました。

 

余計な心配をさせないよう気遣ってくださって、少しホッとしたのを覚えています。

「次回は2週間後でいいからね」と言われ、初めての診察は終了しました。

 

●●●
さきち

もしかしたらダメかもしれないなぁ…と頭の片隅で考えたりしました。

 

 

2週間後(8週)の診察

1回目の診察から長かった2週間。

 

何もできることはないと知りつつも、できるだけたくさん「タンパク質」を摂って生活しました(笑)

タンパク質は「臓器」を作る元だから…と思って食べていましたが

実際良い影響があったかどうかはわかりません(゜-゜)ハハハ

 

●●●
さきち

納豆や豆腐、鶏肉などね。

 

エコーでは

ドキドキしながら診察台に上がります。

…赤ちゃん見えるかな…心拍確認できるかな…

 

ほどなくして、

モニターに胎嚢と、その中に”白いモヤっとしたもの”が見えました。

 

…赤ちゃんだ!

 

数年前に見たことがある画像が見えて、とても安心したのを覚えています。

 

「ほら、ここチカチカしているのが心臓だよ」と先生が教えてくださいました。

しっかり心拍も確認できました。

 

エコーが終わり、先生から写真をもらうと…写真には「8週0日」という記載がありました。

ちょうど私が想定していた週数とぴったり同じでした。

 

「よかったぁーー!」(心の声)

 

さらに2週間後(10週)の診察

さらに2週間後の診察では、やはり週数どおりに大きくなっていて、予定日が決まりました。

(10週くらいの赤ちゃんは大きさに個人差がないので、予定日が出せるそうです。)

 

3頭身くらいの赤ちゃんが、手をピコピコ動かしているのが見えました。

心臓の音もしっかりとしていて、良いリズムを刻んでいました。

 

●●●
さきち

ようやく妊娠したと自信を持って言える段階になったかな、と思えました。

 

妊娠初期の週数より小さい場合 まとめ

✔ 妊娠初期10週くらいまでは、お母さんにできることはないので、いつも通りに生活する。

(仮に流産してしまっても、お母さんのせいではない)

✔ 出血や腹痛などいつもと違うことがあれば、早めに病院を受診する