妊娠中期に出血、お腹の張り、腹痛⁉安定期に入って安心していたら…私の体験談

妊娠中期に出血、お腹の張り、腹痛⁉安定期に入って安心していたら…私の体験談

こんにちは。さきちです。

ようやく16週、妊娠5ヶ月、いわゆる「安定期」と呼ばれる時期に入りました。

安定期とは

しかし、みなさん…

この「安定期」という時期は「何をしても良い安定した時期」という意味ではないのですよ。

 

安定期とは、一般的に妊娠5ヵ月(妊娠16週)頃に入った時期を指します。

そして妊娠初期の頃よりも流産のリスクが低くなるとされる時期です。

胎盤が完成して、胎盤を通して栄養が赤ちゃんに届くようになるので、赤ちゃんのいる環境が「安定する」という意味なのだそうです。

赤ちゃん本舗HPより

 

今回は、そんな安定期に入ったばかりの妊娠中期に起きた私の体験談をまとめてみました。

 

妊娠初期の心配ごとについてはこちら。

【体験談】妊娠初期に出血!不安との戦いだった日々を振り返る。

【妊娠初期】妊娠高血圧はいくつから?いきなり告げられた血圧管理記録の巻

【妊娠初期】週数より小さいけど大丈夫?心配だけど、できることは待つだけ




妊娠中期の出血

今回は、写真でまとめてみましたのでこちらをご覧ください。

出血の原因は?

出血の原因

見づらかったらごめんなさい。

安定期に入る直前に、私は以前から決まっていた幼馴染の結婚式に出席するため

7時間という長距離移動をして、実家のある東京に帰省しました。

*飛行機で何か体調不良になってもいけないので、在来線+新幹線という手段で行きました。

 

結婚式を無事に終えた翌日の夕方。

外出先から帰宅後、パンツに赤茶けた色の出血が付いていましたΣ(゚д゚lll)

以前にも出血はあったものの、このときは少し量が多かったので戸惑いました。

トイレで様子を見ると、すでに出血は止まっているようでした。

 

出血はさらに翌日、「生理の終わりかけ」のような赤黒いおりものが少し出ました。

 

次の日は自宅に帰る日だったので、

帰宅後に、いつも通院する産婦人科を受診することにしました。

 

出血の原因として思い当たること2点ありました。

✔ 出血する前の日と、さらの前の日に1万歩近く歩いたこと

(普段と比べると明らかに歩きすぎ)

✔ 7時間の長距離移動で疲れた

 

●●●
さきち

調子に乗って歩きすぎた!

 

 

主な症状は?

症状としては、出血するまでは特に何の症状も感じていませんでした。

もちろん多少の疲れはありましたが。お腹の張りや腹痛といったものも自覚していませんでした。

 

しかし、出血を確認したあと…

✔ 引っ張られるような腹痛

✔ 若干の鈍痛(生理痛に似たようなもの)

✔ お腹が硬いような気がする(張り?)

こういった自覚症状がありました。

 

ただ、いずれも「しいて言うなら感じる程度」のもので、気にしていなければ気にならないようなことだったかもしれません。

 

●●●
さきち

不安もあったので、余計痛みが感じやすかったのかも…

 

先生の診断は?

妊娠中期の出血

自宅に帰って2日後、産院の予約が取れたので診察に向かいました。

出血は赤黒いおりものが出て以来、ありませんでした。

 

まだ胎動も感じられない時期だったので、赤ちゃんが無事かどうかがとても心配でした…。

 

診察は内診でした。

結果から言うと、赤ちゃんは無事でした。

もぞもぞと動いてる様子や、前回の受診時より大きく成長していることもわかりました。

 

●●●
さきち

よかったよぉ…

 

子宮内にも特に問題はないとのことで、子宮けい管も十分な長さがありそうでした。

 

ただ、先生は「(以前も出血があったし)なるべく無理はしないでね」とおっしゃっていました。

本当にそのとおりですね…(つд⊂)

赤ちゃんに何かあってからでは遅いので、気をつけます!

 

現在は、念のため止血剤と張り止めを飲んで過ごしています。

 

妊婦さんはくれぐれも無理をしないようにしてくださいね。(自戒もこめて)

 

そして何か少しでも心配事があれば、病院に行ってみてくださいね。

先生は「そんなことで来たの?」なんて怒ったりしませんので(笑)

 

では、また。