【ZABOON TW-127X9】賃貸にドラム型洗濯機は導入できるのか⁉︎決め手はコレだった!

【ZABOON TW-127X9】賃貸にドラム型洗濯機は導入できるのか⁉︎決め手はコレだった!

こんにちは。さきちです。

 

ブログを始めた当初よりずっと『乾燥機付きの洗濯機がほしい!』と言っていた私ですが

この度ついに!!!

 

2年越しの夢である

乾燥機付きドラム型洗濯機を購入しました!(拍手!)

 

購入したのは、東芝ZABOONの最新モデル【TW-127X9で、色はブラウンです。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥282,000 (2021/05/10 02:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

ネットではなく、店舗でいろいろ見て回った末に購入しました。

 

そこで

○買う前にチェックしておかなければいけないこと

○比較検討した機種など

我が家がドラム型洗濯機を買うまでのもろもろを詳しく説明してみたいと思います(`・ω・´)ゞ

 

✔古い賃貸アパートにドラム型洗濯機を導入したい!と検討している方

✔ドラム型って興味あるけど実際どうなの?という方

ぜひ読んでみてください。

では、行ってみよう。




我が家のスペック

我が家は夫と私、そして子ども2人(3歳&0歳)の4人家族です。

 

これまで使っていた洗濯機はこちら↓

TOSHIBAさんのたて型洗濯機。容量は5kgです。

タテ型洗濯機

私が一人で暮らしていた頃に購入した8年ものの洗濯機。

 

毎日毎日ギリギリまで洗濯物を入れられ「汚れが落ちきらんし!」と怒っている声が聞こえてくるようでした。

 

子ども服が多い

昨年、子どもが一人増えた結果…

なんと言っても子ども服が多い!

洗っても洗っても、次の日には洗濯物の山が。

洗ってくれるのは洗濯機。

されど干すのは人間。

干す場所もスペース取るし、なんだかいつも洗濯物にまみれている生活…

 

赤ちゃんって食べこぼしやよだれ、おむつ漏れなど着替えが多いから必然的に洗濯物が増えるんですよね!

想像していたよりも、洗濯(特に干す作業)がめちゃくちゃ面倒で、毎日とても大変な思いをしていました。

 

でも乾燥機付きのドラム洗濯機って、高いじゃないですか…

ホイホイと簡単に買えるものではありません。

「今のもまだ一応使えてるし。新しい洗濯機を買うのはぜいたくなのかなぁ?」と思って我慢していました。

 

でも、それなら!!!と

「いつかドラム洗濯機を買おう」と身銭をきって貯金をしてきました(ほんとに念願だったのです…泣ける…)。

 

そんなわたくしが欲しくてたまらなかった乾燥機付き洗濯機

我が家が購入した機種はすでに述べたとおりTOSHIBAのZABOON【TW-127X9というモデルです。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥282,000 (2021/05/10 02:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

(ブラウンかっこよくないですか!)

 

でも実は、店舗に行くまで”別のもの”を買おうと思っていました。

洗濯機を見に行く前にしておくこと

と、その前に。

まずどのモデル買おうかと検討する前に、家でチェックしておかなければいけないことがあります。

防水パネルの大きさ

まずは、自分の家の洗濯機の下に敷いてある防水パネルの大きさです。

これがどの程度の大きさかで、置ける洗濯機が決まります。

ポイント▶内寸を測るのが大事です。

うちはヨコ幅が70㎝×タテ幅54㎝でした。(昔主流だった洗いと脱水2槽式の洗濯機がおけるサイズみたいです)

 

そして、ドラム型洗濯機の扉を開けるスペース(洗濯機の前面)がきちんとあるかもチェックしてみてください。

扉が全部開かないと使いにくいですよね。

扉の開き方

さらに”扉をどちら開きにすると使いやすいか”も決めておきましょう。(洗濯機によっては左開きしかないもののあります)

うちは洗濯機の右側が壁でしたので、右開きが便利でした。

 

どんなに良い洗濯機を買っても

置けるスペースがなければ意味がありません。ここはきちんと測っておきましょう!

✔防水パネルの大きさ

✔扉を開いたときのスペース

✔扉をどちら向きに開かせるか

を調べる&決めておく

 

寸法をメモしたら、電機屋さんに行ってみましょう!

 

実際に見て、店員さんに話を聞いてみると自分たちに合った洗濯機を紹介してもらえます。

我が家も、1度目はとりあえず見に行っておすすめのモデルなどの話を聞き、パンフレットなどをもらってきました。

乾燥機付き洗濯機

比較検討したモデル

Panasonicのキューブル

これは形がその名のとおりキューブ型で、とてもコンパクトになっています。

他の人のブログを拝見したところうちと同じ大きさの防水パネルでも置けることがわかりました。

デザインもかっこいいー!

 

ただ、この機種は乾燥の方法が『ヒーター乾燥』で、これは乾燥機付き洗濯機の中でも乾燥の力が弱いです。(店舗でもそのように説明されました)

それと値段が店頭購入だと少々高め。

7kgモデルだと乾燥が3.5㎏しかできないのもちょっと少ないかなぁと思いました。

 

デザインめちゃくちゃ気に入ったしコンパクトだけど、残念ながら

■乾燥力

■値段

■容量

上記3点が気になりました。

HITACHの風アイロン ビッグドラム

有力候補として名乗りをあげたのがこちら。

乾燥の力も強く、さらに乾燥後もシャツがシワシワにならない機種です。

 

▽最新モデル(かなり大きく、うちには入らない)

 

我が家が検討していたのはこちら▽

 

値段も割とお手頃で(といっても高いけどさ笑)、機能と値段のバランスが取れてると感じました。

容量も大きいし、電気代や洗濯時間も『これなら』と思えました。

ただ、サイズ感が大きく防水パネルギリギリで『うちに入るか?』という感じでした。

 

我が家の洗面所は、洗濯機を置く防水パネルのすぐ横に洗面台が配置されているため、パネルからはみ出すサイズだとほぼほぼ絶対に入らないのです。

(さらに、排水ホースの真上に洗濯機を置くことになるため、防水パネル内に置けたとしても洗濯機を持ち上げるキットが必要らしいぞ…ということもわかりました)

 

デザインは正直あまり…好きではなかったです( ・∋・)

ただ、コストパフォーマンスを考えると…我が家にはこの機種が最善の選択ではないかと夫婦で結論をだしました。




最終的に決めたZABOON

お店に行くまではHITACHIのを購入しようと思い、洗剤が自動投入できる機種にするかなくてもいいのかそのくらいの選択肢を頭に思い描いていました。

でも、なんとなく「決め手に欠ける」感は否めませんでした。

 

簡単に「これでいっか」と思えるほど安い買い物ではないし

これから数年もしかしたら10年以上、毎日使うのだから気に入ったものを購入したいですよね。

 

そして「これください」と言えないまま店員さんの話をふんふんと聞いていたところ

値段がそう変わらないのにデザイン的にめちゃくちゃカッコイイものが目に入りました。

それが今回購入したZABOONの最新モデルでした。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥282,000 (2021/05/10 02:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

「あれ、これは…?」

店員さんに確かめたところ

✔扉が右開きもある

✔デザインかっこいい(しかもタッチパネル)

✔値段が比較してた機種と変わらない

✔サイズも小さめ⇒賃貸の我が家にも入る大きさ

✔洗濯から乾燥までの時間が比較してた機種の1時間短い

✔乾燥の力も遜色なし

 

ということでこちらに一発で決めてしまいました。

ただし、■風アイロンに比べてシャツのシワは伸びないということでした。

この点は諦めるしかありませんでした(笑)

ちなみにお値段は税込み240,000円でした。(中古車買えるやん)

ZABOON

 

どのおうちでも「これだけはゆずれない」という条件があるかと思いますが

我が家では総合的にみて「これ!」と全会一致で決めることができました。(夫婦二人だけど)

 

到着は2週間後になるそうですが、今から到着が楽しみで仕方ありません。

 

使い心地については、また別途レビューしていきたいと思います。

 

 

では、また。

 

 

 

 

error: Content is protected !!