地球史上最大級ってどういうこと?台風19号「ハギビス」の脅威について調べた。対策も。

地球史上最大級ってどういうこと?台風19号「ハギビス」の脅威について調べた。対策も。

こんにちは。さきちです。

数日前から今週末に日本に上陸すると言われている台風19号が恐ろしくてたまりません。

 

日本の真上を通り過ぎる予定の台風19号「ハギビス」




地球史上最大級の台風?

最大瞬間風速60m/s

台風19号の最大瞬間風速は60m/sとも言われています。

最大瞬間風速60m/ってもはや想像がつきませんよね…

巨大送風機を使っての実験では家屋に見立てたコンテナは50メートルの風で動き出し、ガラス窓がしなりはじめます。そして、風速70メートルではガラスは割れて部屋の中の家具が軽々と持ち上がり、外に吹き飛ばされました。

Yahoo!ニュース

✔ 家屋ですらも動くレベル。

✔ 窓ガラスも割れるかもしれないレベル。

 

つまり家の中にいても安全とは言えない。

これが今回の台風のレベルです。

 

地球史上最大級ってどういうこと?

台風19号を宇宙からみた画像によると

渦状の雲の幅は南北で2000キロ以上に及んでおり、米国内では「スーパー・タイフーン」として紹介されている。

AP通信によれば、「ハギビス」と呼ばれている19号は大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めている。

Yahoo!ニュース

巨大すぎるハリケーン「ハギビス」(台風19号)

さらに、

ワシントン・ポスト紙によれば、「ハギビス」は前日までの24時間で最大風速を45メートルも増やしており(現在65メートル)、この発達スピードは地球で発生したハリケーン、サイクロン、台風の中で史上最速の部類。

あまりに急速に発達したため、最初にあった台風の目の周囲に“2つめの目”ができたことが確認されており、進路になっている日本にとっては脅威をもたらす存在になりそうだ。

発達スピードが速すぎるらしい。

最大瞬間風速は65m/sになっているという…( ゚Д゚)

しかも、台風の目が2つになっているらしい。

 

●●●
さきち

どういうこと…(恐)

 

●●●
ヨコワケ

2つの台風が合体した…?

地球史上最大級の台風 対策は?

政府広報室の公式アカウント「内閣府政府広報オンライン」(@gov_online)は7日、<風が強まる前に家の対策を>と10のポイントを紹介しています。

 

 

・雨戸やシャッター(ちゃんと閉まるか点検補修を)

・窓(ひび割れやがたつきがないか)

・雨戸やシャッターのない窓(割れたガラス飛散防止のためにカーテンを閉めたり窓に飛散防止フィルムを貼る)

・雨どい(枯れ葉や砂がつまっていないか)

・屋根瓦やトタン(めくれたり壊れたりしていないか)

・テレビアンテナ(錆びたりゆるんだりしてないか)

・物干し竿(飛ばされないよう下に下ろしておく)

・庭木(飛ばされたり、倒れないように固定する)

・植木鉢(強風で飛ばされそうなものは家の中へ)

・プロパンガス(固定されているか)

停電への備え

加えて「停電への備えチェックリスト」を紹介します。

□懐中電灯、ミニランタン

□乾電池、モバイルバッテリー

□ラジオ

□ポータブル発電機/

□ポータブルバッテリー

□自家用車のガソリン

□着替え(数日分)

□薬

□非常用トイレ

□常温で食べられる非常食

□カセットこんろ

□飲料水(断水時)

神戸新聞より

 

 

地球史上最大級の台風 まとめ

月並みですが、備えあれば憂いなし。ということで、家の内外でそれぞれがしっかり準備をしておきましょう。

家の付近に飛ばされそうなものがあれば、しっかりしまっておきましょう。

 

被害がなければ「良かった~」で済みますから…困ってからでは遅いです。

うちにも小さな子供がいるので心配です。

 

情報もしっかり収集していきましょう。

 

 

では、また。