【大人気】絵本『しろくまちゃんのほっとけーき』への食い付きがすごすぎるから、真剣にレビューしたい。

【大人気】絵本『しろくまちゃんのほっとけーき』への食い付きがすごすぎるから、真剣にレビューしたい。

大人も絵本を読んだらめちゃくちゃ楽しいぞ。

子供が生まれて改めて気付いたアラサーママのさきち(@aoopena)です。

 

絵本って、大人が読んでもおもしろいんですね。

 

そうなんですよね!

絵本っていうのは、子供向けにわかりやすく優しく書いてあるので、大人にとっても、改めて読むと楽しいものが多いですね!

最近気づきました(遅い)。

 

今回お話したい絵本のこと。

1歳8か月になった娘が、今1番ハマっている絵本は、1歳半健診の時にブックスタートでもらった「しろくまちゃんのほっとけーき」と言う絵本です。

しろくまちゃんのほっとけーき

みなさんご存知かしら。この絵本。

最初読んだ時は、ちょっと文章が多いから「まだ早いかな」と思っていたのですが、

いやいやなんのなんの。

めちゃくちゃはまってるじゃないですか!(笑)

 

●●●
さきち

びっくりしたー!

そこで今回は、「このしろくまちゃんのホットケーキ」の魅力について真剣レビューしたいと思います。

 

ではスタート!

 

しろくまちゃんのほっとけーき

作者

「しろくまちゃんのほっとけーき」の作者は若山憲さんといいます。絵本の表紙には若山憲さんの名前しかありませんが、絵本の終わりを見ると、著者のところに森比佐志さんとわだよしおみさんと言うお名前もあります。

森比佐志さんといえば「はらぺこあおむし」の日本語訳を担当された方です。見慣れたお名前があってちょっと嬉しかったです。

はらぺこあおむし

制作年

「しろくまちゃんのほっとけーき」が制作された年は、1972年の10月です。今から40年以上も前の絵本なんですね。古い絵本なのに、今でもこんなに人気があって…

愛される絵本と言うのは、やはり理由があるんですね!

しろくまちゃんのほっとけーきの良い所

色が鮮やか

表紙のきれいなオレンジ色にも代表されていますが、中身の色彩もすごくきれいです。特にホットケーキが実際に焼けるところが音と絵が相まって、とても臨場感があります。

読んでいてもすごく楽しいです。

しろくまちゃんのほっとけーき

子供たちにも、この部分がとても人気があるそうです!

ホットケーキを作って食べるまでがわかる

これは大人にとっては、とても当たり前のことなのですが、子供には流れというものが理解しにくいようです。

普段は誰かが料理をしてくれたものを、食べておしまいです。

でも、「しろくまちゃんのほっとけーき」では、しろくまちゃんが実際にホットケーキを作って、お友達と一緒に食べてお皿洗いをするところまでが描かれています。

 

つまり、「食べる」と言うことのほかに「作る」「片付ける」という作業があるんだよ。ということがわかります。

 

これが実は、とても重要なことなんじゃないかと思っています。大人が当たり前に思っていることが、子どもには当たり前では無いことを、絵本を読んで私も気づかされました。

 

●●●
さきち

絵本て本当にすごいなぁ~。

 

文章にリズムがある

絵本を読んでいていつも思うのですが、子供たちに読まれ続けている絵本には、「文章にリズムがある」と言える気がします。

リズムがあることで、子供の耳をぐいっと絵本に引きつけることができます。

娘の好きなページ

「しろくまちゃんのほっとけーき」の中で、娘がダントツに好きなページがあります。

ホットケーキを作るときに卵を準備するしろくまちゃんが、卵を落としてしまう場面のページです。

しろくまちゃんのほっとけーき

↑この部分が大好きです。

「あっ われちゃった」

を臨場感たっぷりに読むと、なぜかゲラゲラ笑っています。先に進もうとしても、ページを元に戻して何度も同じページを読ませます。

絵本によって、子供によって、興味を引く部分や好きな部分が分かれるのも面白いところですよね。

たぶん、娘以外のお子さんが「しろくまちゃんのほっとけーき」を読んだとき、この部分が好きになるとは限らないと思うんです。同じ絵本を読んだときに、反応する箇所が違うと言うのもとても面白いなぁ~と思います。

まとめ

・「しろくまちゃんのほっとけーき」は、子供を惹きつける魅力が満載で、人気がある理由がよくわかった。

・作る⇒食べる⇒片付ける、と言う流れを理解するのにぴったり。

・文章にリズムがあって子供の耳を惹きつける絵本

 

1歳半位の子供にとてもお勧めの絵本だと思います。

買って損することはないと自信を持てる一冊です。

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥880 (2019/12/09 08:38:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

\値段は800円+税/

しろくまちゃんのほっとけーき

 

実は、「しろくまちゃんのほっとけーき」がとてもよかったので、「こぐまちゃんありがとう」という、同じシリーズで別の絵本も買ってしまいました。

こぐまちゃんありがとう

このままいくと…しろくまちゃんシリーズをコンプリートしてしまいそうな勢いです♡

▼合わせて読みたい▼


【1歳〜2歳】寝かしつけが簡単になる!おすすめの絵本を厳選して紹介するよ。


柳生弦一郎(やぎゅうげんいちろう)さんの絵本を、また2冊買ったのでレビューします。


絶対おすすめ!お祝いにもぴったり。ペネロペの布絵本を本気レビューした!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ではまたね。